自動車保険を安くする3つの方法!


自動車保険を契約するときに考えないといけないのは、万が一の補償の範囲です。
特に運転者が誰であっても補償してもらうようにするのか?それとも特定の誰かが運転していた場合だけ補償してもらうようにするのか?の違いは一番大きいです。
運転をする人間が確実に限定されているような状況ならば、それはその人だけを補償する自動車保険にすれば良いのですが、他にも別の人間が運転する可能性がある場合には、よく考えないといけません。

確率の問題になるかもしれませんけど、自分以外の人間が運転する頻度があまりにも少なければ、事故などを起こす可能性もかなり低いと言えます。
しかし、ある程度頻繁に運転をするならば、事故などを起こす可能性は、自分と同じくらいあるかもしれないのです。
そういった確率の部分も考えながら、運転者の自動車保険、限定特約について考えていかないといけないでしょう。
事故の際に補償されないのでは、契約して意味がありませんから。

運転者の限定特約の具体的範囲というのは、結構細かく分かれているケースもあり、自分だけや夫婦だけなどがあります。
元は一番安いプランであっても、補償の対象を広げれば、それだけ保険料も高くなります。
その補償の範囲と毎月の金額のバランスを考えないといけないのです。
多くの方が直面する可能性のある問題だと思うので、自動車保険に加入するときには結構苦労するのです。

ダイレクト型自動車保険は安い!

インターネットで加入者を募る「ダイレクト型」の加入者数が増えています。
我家も、金額を安く抑えられるインターネット専業の自動車保険に切り替えました。
ダイレクト損保は、ただ金額が安いだけではありません。
メリットも多くあります。

たとえば契約者の条件しだいで、補償の範囲を細かく設定することができます。
車の走行距離などによっては、大幅に安い自動車保険にできる場合もあります。
各社のサイトに事例が細かく紹介されており、実店舗がなくともそれほど不安は感じません。

先日、駐車場の壁で自家用車をこすってしまい、ダイレクト損保を利用する機会がありました。
損保会社の窓口担当者が修理先のディーラーと丁寧に交渉してくれ、修理の対応が非常にスムーズに進みました。
また加入している生命保険とダイレクト損保が同じ系列の会社であることもあり、もし仮に事故で入院が必要になった場合などにも、ダイレクト損保から生命保険へと系列会社間での対応がスムーズにできるので安心です。

このようにダイレクト損保の自動車保険は安いことにくわえて、事故やトラブル時の対応も不安はありません。
費用と安心感の面からも、今後もダイレクト損保を選ぶことになると思います。

他社の安い自動車保険に乗り換える

去年、運転免許を取得して、初めての車を購入しました。
しかし、免許を取立てで、運転するのはとても怖いです。
何を起こすか分かりません。
そこで安い料金ではありませんが、自動車保険に加入しました。

しかし、自動車のことを何も知らない私は、車を購入したお店と提携している損保会社さんの言われるままに加入することになりました。
自動車保険の一般の相場の値段も分からず、車両保険という言葉も分からないままに、損保会社の方に丸投げしたのです。
しかしその辺のことも、車に乗ってしばらくすると、だんだん情報を耳にするようになってきました。
友人にも、一番安い自動車保険のことを聞いてみたり、親戚に教えてもらったり。

すると私の加入したのは、相場の何倍にもなる値段だったことが分かりました。
損保会社自体は、有名な会社だし、怪しい会社では決してなく、信頼できることは間違いないのですが、金額がかなり高額なようです。
加入を取りやめて、違う安い損保会社に、すぐ乗り換えたかったのですが、契約は1年間のものでした。

仕方がないので、1年間の契約が切れるまでは、高額をを払い続けました。
契約して1年間近になるころ、いろいろな損保会社の窓口を訪れ、どの会社が良いのか、自分で比較してみました。
そして1年後、他社の一番安い所に乗り換えました。

出典:自動車保険が安いのは?