賢い借金返済方法!おまとめローンを利用しよう!

複数社でお金を借りている時には、銀行などのおまとめローンで借金返済を一本化する方法も検討すると良いですね。
だらだらと借金の返済を続けていると、一体自分がいくら借りていて、あとどれだけで支払いが終わるのか先が見えなくなってしまいます。
一本化してしまえば、残額も分かりやすいですし、入金額のうちいくらが金利でいくらが元本に充当されるのかも見えてきます。

支払っている金利がばかばかしいと思えるようになれば、借入を新たに増やす可能性も減らせます。
支払い日も毎月たった1日だけになりますので、借金返済のストレスも減らすことが出来ます。

一本化は支払いがシンプルになるというメリットもあるのですが、それと同時に金利が減るという賢い方法でもあります。
お金というのは、小額を複数社で借りるよりもまとめた額を一社で借りるほうが金利を低くすることが出来るからです。
金利が低ければ低いほど、毎月の支払い額のうち元本に充当される額が増えますので、少しでも借金から解放されるためには重要なことなのです。

たかが1%低くなっても大したことないと思う人もいますが、100万円借りていれば1年間で支払う金利は約1万円違います。
1万円を稼ぐことを考えれば大きい金額ということもよく分かります。
今更またローンの申込みをするなんて面倒と思わずに、借り換えできる可能性があるのならおまとめローンに申し込んでみることも金額を減らすためには必要なことです。

参考:借金返済方法

借金返済を一本化するのは賢い方法?

金融機関では高利のカードローンという商品があります。
一般的に10%以上の利息がかかりますが、すぐにお金を借りることができるという点ではメリットがあります。
逆にデメリットとしては、利息が高いので毎月支払いを行っていてもなかなか残高が減らないことです。

そこで、カードローンより低利の借金一本化商品(以下フリーローン)を利用して、金利負担を抑える賢い方法があります。
低利で実行した融資金で、高利の借入を完済、その後は低利なフリーローンの返済を行うという流れになります。

カードローンは毎月の支払い額が決められている商品が多く、金利と毎月の入金額のからくりによって、毎月支払いを行っていても残高が減らず、期間も長期化します。
フリーローンの支払いにおいては、期間を決め、その期間の中で返済を行っていくので、期間も短くすることができます。
また、この方法は、総支払額も抑えることができます。

借金一本化の大きなデメリットとしては、一度返して利用残高がゼロになったカードを改めて利用してしまうことです。
改めて利用することによって、フリーローンで一本化した意味はなくなります。

更にはフリーローンに加えて、新たな借金返済も上乗せとなるので、毎月の入金額が増えてしまいます。
つまり、ローンでローンを支払いすることとなり、泥沼に陥ります。

各融資商品の利用にあたっては、計画的によく検討した上で賢い行動をしないと、借金返済地獄に陥ってしまいます。

おまとめローンは賢い借金返済方法

闇金を利用してしまう人の中には、借金を既に抱えている状態の場合が殆どです。
借りている消費者金融や銀行に支払いができないという理由から、闇金で借りて借金返済する人がいます。
闇金の場合は、連絡を入れるとリアルタイムでお金を貸してくれるところが殆どなので、一時的にはこれで問題が解決したかのように思えます。

しかし、翌日からは高金利に対しての支払いが始まることになります。
ほとんどの場合は、金利の支払いだけで精いっぱいとなってしまい、肝心な元金については、いつまでも減らないという状況になるのです。
こうならないためには、最初から闇金を利用しないということが肝心です。

複数の金融機関からお金を借りている場合は、闇金からまとまったお金を借りて借金返済を一本化するのではなく、正規の金融機関が提供しているおまとめローンや借り換えローンという一本化のために用意されているローンを利用するのが賢い方法です、

おまとめローンはいくつかの銀行や消費者金融からお金を借りている場合に適用されるローンです。
債務先がいくつかあると、それぞれの金融機関に対して返済する金額や金利は少ないとしても、それぞれが重なることによってかなりの負担になることが想定されます。

借金返済を一本化してまとめる賢い方法によって、債務先が一カ所になるので、支払い計画が立てやすくなります。
完済という具体的な目標が作られ、コツコツ返すことで、確実に完済ができる状態を作ることができます。